上田調査事務所

長野県長野市・松本市・上田市の探偵社、興信所
20年以上の実績・ご相談見積り無料

よくある質問コラム

浮気・不倫

せっかく集めた浮気の証拠でも、証拠にならないものがあります!

配偶者の浮気を立証するためには、決定的な証拠が必要です。

個人的に証拠を集めることも可能ですが、かなりの時間や手間がかかります。

また、尾行がバレたことにより、険悪な関係になってしまったり、せっかく掴んだ証拠なのに全く有益ではない場合もあります。

せっかく集めた証拠が全く効果的でなく、示談でも有利になれなかったら、今までの努力が水の泡ですよね。

そこで今回は、浮気の証拠として使えないものの例をご紹介します。

□SNSのトーク履歴

毎日親しげなLINEのやり取りだけでは証拠として不十分で、認められない場合があります。

さらに「愛している。」や「会いたい。」などの会話も、関係性によっては社交辞令として捉えられる場合もありますので、この会話単体での証拠としてはかなり弱いです。

しかし、これらの会話とともに、肉体関係が認められるようなラブホテルへ行くツーショット写真を撮れたり、領収書が手に入ると、証拠として効果的である場合もあります。

□領収書やカードの明細

若い女性と浮気している男性などは確実にお金を貢いでますので、カードの明細を見るだけで浮気をしていることがわかるかもしれません。

しかし、それだけでは証拠として不十分です。

会社の同僚の誕生日プレゼントに買った、や、休憩場所に使った、などと簡単に言い訳を並べられてしまうからです。

□配偶者や友人の証言

あなたの配偶者が浮気を認めていたとしても、浮気相手が認めない場合があります。

この場合ですと、どちらの証言が信用できるかが問題になります。

配偶者が浮気をしたと自白しても信用されない場合は、その証言が証拠として認められません。

さらに友人の目撃証言なども証拠能力が低いです。

一緒に歩いていただけでなく、手を繋いでいたり、キスをしていたとしても、肉体関係はあるのかどうなのかという点に関しては不透明であるため、突き詰めるのは難しいかもしれません。

□2人の写真

写真の撮影場所が飲食店やパーティー会場である場合、浮気を立証することは難しく、証拠として不十分かもしれません。

ホテルの写真でも、配偶者の自白やホテルの領収者、メールでのやり取りなども一緒に集めると証拠として効果的になります。

以上、浮気の証拠として使えないものの例をご紹介しました。

浮気を立証するための証拠を独断であやふやに集めるよりも、適切で決定的な証拠を集めるためには、プロの専門家である探偵会社に依頼してみる方が良いかもしれません。

ご相談・お問い合わせ

各種お問い合わせ窓口よりお問い合わせください。

24時間365日受付中0120-705-999