上田調査事務所

長野県長野市・松本市・上田市の探偵社、興信所
20年以上の実績・ご相談見積り無料

よくある質問コラム

浮気・不倫

探偵に浮気調査を依頼するのが難しいこととは? 長野在住者からの疑問と解説

「旦那または妻の浮気調査をしてもらいたい」とお考えの方はいらっしゃいませんか?

探偵事務所では、浮気調査に応じることができます。

もしかすると、皆さんの中には探偵であれば何でも対応してくれるとお考えの方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、探偵でも対応が難しいケースがあります。

では、どのような場合に探偵へ浮気調査を依頼することが難しいのかについて、長野の探偵事務所が解説していきます。

□探偵ができること

探偵ができることは大きく分けて3種類あります。

それらは、「聞き込み」「尾行」「張り込み」の3つです。

この3つの方法は、探偵業法の第2条によって、以下のようにきちんと定義されているものです。

*聞き込み

聞き込みというのは、調査対象者の周りの人間から話を聞きだし、情報を手に入れることです。

*尾行

尾行とは、調査対象者をばれないように追跡し、浮気の証拠となる写真を手に入れることです。

*張り込み

張り込みとは、調査対象者にばれないように、監視を行うことを言います。

□探偵にはできないこと(依頼の引き受けが難しいこと)

探偵が浮気調査をするにあたって、できることよりもできないことの方が、実は多いのです。

以下ではできないことについてご紹介していきましょう。

*別れさせ屋

基本的に探偵の大きな仕事は、「調査」を行うことです。

そのため、たとえ浮気調査をした結果、浮気が発覚した場合であっても、その愛人と別れさせるなどの「別れさせ屋」としての働きは対応できません

*縁切り工作や復縁工作

パートナーとの縁切りや復縁の工作を探偵に依頼することはできません。

*違法なGPS装置を用いての追跡調査

GPS装置を使って、追跡調査を行うことは完全に違法ということにはなりません。

しかし、取り付け方によっては違法となることがあります。

探偵は違法な取り付け方による浮気調査の依頼には対応できません。

*仕返し・復讐代行

浮気された仕返しや復讐代行を、探偵に頼むことはできません。

*マンションへの無断侵入

いくら探偵とはいえども、マンションへ無断侵入することはできません。

*その他法律等に触れる恐れのあるもの

法律等に触れてしまう恐れがあるものには、もちろん探偵は対応することができません。

□まとめ

どのようなケースの時に探偵へ浮気調査を依頼することが難しいのかについて解説してきました。

浮気調査を依頼しようとお考えの方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

ご相談・お問い合わせ

各種お問い合わせ窓口よりお問い合わせください。

24時間365日受付中0120-705-999