上田調査事務所

長野県長野市・松本市・上田市の探偵社、興信所
20年以上の実績・ご相談見積り無料

よくある質問コラム

浮気・不倫

浮気が発覚!示談で有利となる証拠の例をご紹介します

「夫の浮気が発覚して示談まで持ち込めたけれど、手持ちの証拠で大丈夫だろうか。」

「浮気の証拠を突きつけたいけれど、どんな証拠が必要だろうか。」

このように、浮気の証拠を突きつけたいのにできなくて悩んでいる方はいらっしゃいませんか?

浮気を立証するための証拠には、決定的な証明力が求められます。

そのような証拠を掴むには、ある程度計画的に慎重に行動し、集めなければいけません。

そこで今回は、浮気の示談交渉で有利になる証拠の例をご紹介します。

□メールやSNS

浮気の証拠といえば、配偶者にメールやSNSでのやり取りを突きつけて白状させるようなイメージを想像されるかと思います。

しかし実際は、証拠のメールの内容によっては証拠として使用できない場合もあります。

メールに「愛しているよ。」や「会いたい。」などの会話が入っているメールでは、効果的ではありません。

このメールのやり取りの他に、デートで直接会っている写真や外泊した領収書などの証拠を組み合わせることで、証拠として示談が有利になることがあります。

また、メールの会話として効果的な証拠は、肉体関係があったと予想できる会話やラブホテルに行くような会話です。

宿泊旅行を中心とした話題の内容も証拠として効果的でしょう。

□写真や動画

あなたの配偶者が浮気相手と2人きりで会っている写真や動画はあまり効果的ではありません。

しかし、2人でラブホテルに入っていくような写真は、実際に肉体関係を持っているとも認識できるので、証拠として決定的でしょう。

さらに写真や動画に撮影した日時が入っていたら、メモしておくと、より証拠能力が高くなります。

□録音

あなたの配偶者が浮気を認めるような発言をした会話を録音すると、実際の会話として決定的に残りますので大変有利です。

自宅に盗聴器を仕掛けることに罪はありませんが、その行為はあまり好ましい印象は抱かれず、別の争いを生むきっかけともなります。

もし録音をしたい方は、一度専門家の方に相談すると良いでしょう。

□報告書

肉体関係があったと推測できるようなホテルや外泊した際の領収書は、証拠として効果的です。

しかし、レストランなどの食事の領収書は証拠として使うことができません。

もしかしたら、浮気ではなくただの社交的な食事である場合もあるからです。

以上、浮気の示談交渉で有利になる証拠の例をご紹介しました。

このようなたくさんの効果的な証拠を個人的に集めるのは厳しいかと思います。

その場合はプロの専門家である探偵事務所に依頼してみてはいかがでしょうか。

ご相談・お問い合わせ

各種お問い合わせ窓口よりお問い合わせください。

24時間365日受付中0120-705-999